ハリー王子の婚約者メーガン・マークルはバツイチ?母親は?

ハリー王子との婚約を発表したメーガン・マークルって誰?

レイチェル・メーガン・マークルさんは、 アメリカの女優、モデル。

ノースウェスタン大学を卒業。

1981年8月4日生まれで、ロサンゼルス出身。

2017年11月27日にイギリスのハリー王子との婚約を発表。良く年春ごろに結婚し英国王室入りすることになりました。

メーガン・マークルはバツイチ?

メーガン・マークルは、俳優兼プロデューサーの「Trevor Engelson」と、2011年9月10日に結婚、2013年8月に離婚しており、バツイチです。

その後の2016年6月からハリー王子との交際をスタートさせています。

メーガン・マークルの母親はアフリカ系アメリカ人?

メーガン・マークルの父親は白人、母親がアフリカ系アメリカ人です。

彼女の母親はソーシャルワーカーであり、ヨガインストラクターだそうです。

このことが原因で誹謗中傷を受け、悲しい思いをしたこともあるといいますが、本人は差別に負けない強い気持ちを持っているそうです。

英国王室はバツイチや人種についてどう思っているの?

メーガン・マークルがバツイチであることや人種問題について、英国王室が問題視をしていることは全くなく、この度の婚約報道となりました。

新しい形のロイヤルファミリーの在り方が示されたような気がします。

お二人に世界中から祝福がもたらされています。