ポテチのこと分かってる系男子がおススメする「間違いないポテトチップス」3選

北朝鮮でポテトチップ量産命令?

北朝鮮の国営メディアによれば、金正恩委員長は、ジャガイモ粉末工場を視察し、ポテトチップなどの加工品を生産し特産品として評判が立つようにせよと指示を出したという。

果たして、北朝鮮チップスの誕生となるのだろうか?

そんなことはさておき、ポテチって無性に食べたくなりませんか?

コンビニでついつい手を伸ばさずにはいられません。

でも、ポテチってけっこう種類があって、しばらくうろうろして迷ってしまう時がありませんか?

お任せください!

迷ったときにはこれ!間違いない「ポテトチップス」を3つご紹介いたします。

 

1、「湖池屋 ポテトチップス のり塩」

王道と言っても間違いないでしょう。

のり塩!

コイケヤののり塩でないとだめです。

磯の風味とチップスの薄さ具合に、ちょっと強めの塩味。

口に入れるとじゅわ~っと蒸発していくような食感。

たまりませんわ!

 

2、「プリングルス サワークリームオニオン」

プリングルスって、ちょっとだけ高いんですよ。

だから、パーティーの時とか、ちょっくら財布のひもが緩くなった時にしか買わないチップスの代表じゃないですか?

そんなプリングルスを選ぶときに、絶対に外してはならないのは緑!

緑の筒!サワークリームオニオンでしょう。

あの酸味パウダー。

想像しただけでよだれがじゅわっと出てきそう。

ぶ厚めのチップスで、唾液持っていかれる系ではありますが、貴重な1枚1枚を味わって食べていく幸せは格別ですよ!

 

3、「ア・ラ・ポテト じゃがバター味」

ア・ラ・ポテト

その響き、フレーズが聞こえてくるときは、

もう晩秋から冬になろうかというところでしょう。

「北海道」「期間限定」

この鉄板の文言、響きに、脳内のポテチレーダーが反応するのです。

そして至高は、やっぱり「じゃがバター味」

これを食べ忘れるということは、

ポテチ界からの追放を意味すると言われていますから、

絶対に食べなければならないという決まりがあります。

是非どうぞ!