【全日本フィギュア】可愛い紀平梨花(きひらりか)の実力はすごい!なぜ平昌には出られない?

紀平梨花(きひらりか)に注目

 

全日本フィギュア選手権開幕しました。

 

平昌五輪出場へ近いと言われている宮原知子、樋口新葉らに注目が集まる中、話題の本田真凛らもそれを追うようにスコアに期待がかかります。

 

来年以降のフィギュアスケート界の話題を持っていきそうな選手に注目してみたいと思います。

 

それが、紀平梨花です。

 

紀平梨花のすごいところ

大技「トリプルアクセル」の成功者というこです。

日本人では伊藤みどり、中野友加里、浅田真央、そして4人目の成功者が紀平梨花です。

しかもジュニアでは浅田真央のみだった「トリプルアクセル」をジュニアグランプリファイナルでも見事に決める偉業を成し遂げたのです。

 

なぜすごい選手なのに平昌五輪には出られないの?

年齢制限に縛りがあり、今年の7月1日時点で15歳に達していなければ出場資格がない。

つまり今年の7月21日に15歳に達する紀平梨花は出場できないということになるのです。

紀平梨花が輝くのは間違いなく2022年北京五輪でしょう。

 

 

紀平梨花のプロフィール

生年月日 2002年7月21日

血液型 O型

出身地 兵庫県西宮市

身長 149cm(現在は150cmを超えている) 

身長は毎年グングン伸びているようです。毎日飲む低脂肪の牛乳が成長させているとか。。

 

 

紀平梨花はスケートいつから始めた?

3歳の時アイススケートリンクに家族で訪れたのがきっかけのようです。

本格的に習い始めたのは5歳からで教室に通ったとのこと。

スケート以外にもバレエ、体操、ピアノなど通っていたようで英才教育を受けているのですね。

 

15歳にして大技を公式で決めてしまう勝負強さや、チャレンジ精神を考えるとこれからまだまだ成長が期待できます。

 

「ポスト浅田真央」という呼び声も多く、大物感を漂わせていますね。

 

平昌五輪で彼女の姿が見られないのは残念ですが、今後の女子フィギュアの選手として一番に注目していきたいと思います。