【喉の激痛】のどの痛みを自力で治す方法とは?市販で即効性のある3種の神器

喉が痛くてつらい・・・を劇的に改善するおすすめ法

 

風邪の中でも喉からくる風邪にかかる傾向の人が多いと言われています。

もちろん病院で診察を受けお薬を処方してもらう。これに越したことはないです。

ただ、忙しかったり、祝日や時間帯の関係で病院へ行くことができないこともありますよね。

そんな時は、薬局においてある優れた商品を使って改善させてみましょう。

 

それでは、3種の神器ということで薬局にあるこの3つの商品があればつらいのどの痛みを緩和されるはず。

 

1 【飲み薬】 ペラックT錠

 

シンプルな箱の「ペラックT錠」

でもこの薬のどの痛みにはものすごい効果発揮してくれます。

値段は18錠入りのものであれば1300円程度で買えますのでそんなに高い買い物ではありませんし、のどの痛みだけでなく口内炎などにも効果を発揮しますので、備えておくことを考えればこの先も絶対に無駄になりません。

総合風邪薬を飲んでいる方や、「ペラックT錠」を初めて見たという方は一度騙されたと思って試してみてください。

対象年齢も7歳以上となりますのでお子様にもよいかもしれませんね。

2、【塗り薬】 のどスプレーパープルショット

飲み薬はもちろんですが、人によって効果が出る時間に差があります。

スプレータイプの「パープルショット」はノズルから出る液体が、直接患部に届くため使いやすいです。

そして薬という薬の中では即効性は一番あります。

のどの痛みが気になって眠れなかったり、飲み薬を飲んで間もないとかいう時はこれで痛みを緩和させるとよいでしょう。

スプレータイプの商品は数多くありますが、アズレンという喉の鎮痛に優れた成分、味、使いやさなど総合評価して1位に推したい商品です。

 

3 【うがい薬】 イソジン

誰でも見たことや聞いたことはある、うがい薬の王様「イソジン」。

のどで病院に行くと普通に処方されますが自身で薬局で購入できます。

 

アンパンマンのカバオくんのようなパッケージを見つけたらすぐに購入してください。

うがい薬って結構優先順位を後ろで考えている人が多くて、あまりうがいで治るなんてと思われがちなんですが、のどの炎症はのどに発生した菌が原因なわけで、キレイにに消毒してあげないと治りも悪いです。

一家に一個「イソジン」ぐらいに思っていただいてOKです。


 

以上、市販薬としてのどの痛みを改善させる3種の神器を紹介しました。

 

人によっては薬のアレルギーなんかもあったりするので、購入の前には成分などきちんと確認してくださいね。

 

私はこれで、症状がのどの痛みくらいであるなら自力で治しています。

 

薬を飲む、薬を塗る、うがいをする。この3つの工程であなたののどの痛みも和らぐといいですね。ぜひ参考にしてみてください。