【春高女子バレー】下北沢成徳2年生日本代表石川祐希の妹石川真佑(いしかわまゆ)に注目!どんな選手?

春高バレー3連覇を狙う下北沢成徳の注目エース

平成30年を迎え、おなじみのスポーツ行事も盛り上がりを見せています。箱根駅伝などもたくさんのドラマを生みました。

 

そして高校生のスポーツ大会としても名高い「全日本高校バレーボール選手権」こと「春高」が開催されています。将来の日本代表を生み出すこの大会ではどの選手が活躍を見せるのでしょうか?

 

そんな中、男子日本代表イケメンエースでおなじみの「石川祐希」の妹として注目を集めている選手石川真佑にスポットを当ててみました。

 

ただの七光りではなく今回の春高でも下北沢成徳のエースとして堂々たるプレーをみせ実力も本物であることを証明しています。

 

石川真佑とはいったいどんな選手なのでしょうか?

名前 石川真佑(いしかわまゆ)

出身地 愛知県岡崎市

生年月日 2000年5月14日

血液型 AB型

身長 172cm

 

顔立ちは兄の石川祐希にやっぱりそっくりですね。

身長はバレーボール選手としては低めな気もしますがスパイクやブロックでかなり得点に絡むプレーを見せているためそれをネックとしていないところも高評価されているようです。

 

既にテレビ番組にも出演している

実は石川真佑はすでにテレビ番組に出演しております。

将来の金の卵を発掘し応援するドキュメントバラエティー、関根勤や元AKBのリーダー高橋みなみがMCをしている「ミライモンスター」

中学時代の彼女はじめものすごいポテンシャルを秘めた選手であることがわかります。気になる方はYOUTUBEなどで動画をご覧ください。

 

東京五輪で活躍する可能性あり?

現在高校2年生で、16歳ということは2020年の東京五輪でちょうど20歳になっているということになりますね。

つまり石川真佑含む現在の春高組が日本代表として活躍している可能性は大いにあるということになります。

兄妹でオリンピックなんていう夢のコラボも実現するかもしれません。