【クレジットカード】仕入に最適この1枚 アメリカンエクスプレスビジネスグリーンカード

アメリカンエクスプレスビジネスグリーンカード(アメックスビジネス)が最善の1枚です

この記事は

  • 小規模法人の代表者様
  • 個人事業主様
  • 副業をしている方
  • これから商売にチャレンジしたいと考えている方

に向けた情報です。

 

今回のお話は、ビジネスノウハウに関しての情報共有になります。
この記事にたどり着いているあなたは、

 

  • すでに何かの事業を営んでいる
  • サラリーと別に副業を営んでいる
  • チャンスがあれば独立起業を狙っている

 

この3つのどれかに当てはまっているのではないでしょうか。

 

実は僕、
起業しています。(どや顔)

 

僕は、超小規模ではありますが、小売業を営んでおります。
ちなみに転売厨ではありません。(僕自身は転売賛成派ですが)

今回は僕も実際に使っている、非常に有益な法人ビジネスカードである「American Express」グリーンカードについてのお話です。
特に、創業間もない方や、小規模事業者、これから新規にビジネスをされたい方にすごくお勧めしたいクレカになります。

クレジットカードを探す際には、やっぱり気になるのが、ポイントの還元率だと思います。
ポイントのことを重視する気持ちはすごく理解できますし、お得感があることは間違いがありません。

しかし、あくまでもポイントは副産物でありまして、肝心なのは商売自身。
ポイントを得ることに熱心になると、それが商売の足を引っ張る失敗要因になることもあります。

キャッシュフローを戦略的にしっかりさせていくことこそ、商売の肝だと僕は思います。

 

キャッシュフローもポイントも両立できる最善の法人クレジットカードがアメックスビジネスグリーンです。

 

アメックスビジネスグリーンカードの還元率は?

まずは皆さんが一番気になる還元率のお話です。

還元率は2018年現在1%となっております。
これは、法人カード、ビジネスカードとしては高い部類になります。
法人クレジットカードって、基本的には還元率が低いんです。

だから、個人事業主の方は、高還元率の個人クレジットカードを使う方がポイント的にはお得です。
ただし、将来の法人化を見据えている場合には、いずれ法人クレカへの切り替えをしなければならないので、早めにアメックスビジネスを作っておくという選択肢もあります。

 

アメックスビジネスは、個人事業主でも作れるクレジットカードです。

 

アメックスのポイントは、条件付きになりますがANAマイルへの交換もできますし、その他のマイルやポイントへの交換もできますので、使い勝手は良い方だと思います。

仕入で使う場合、みるみるうちにポイントがザクザク貯まってしまいます。

なぜアメックスビジネスの中からグリーンカードを選ぶのか?

アメックスビジネスカードには、一番最低ランクがグリーン、その次にゴールド、プラチナと続いています。

プラチナカードは招待制になっており、インビテーションがアメックス側から来た時に作ることができるそうです。
ですから、作れる選択肢はグリーンかゴールドの2択ということになります。

 

僕が断然おすすめするのはグリーンカードです。

 

一番の理由は年会費の高さ。

 

アメックスビジネスカード(グリーン)12,960円(税込)
アメックスビジネスゴールドカード:33,480円(税込)

差額20,520円

 

2万円は結構大きい金額ですよね。
この2万円を他のクレジットカードの年会費に充てた方が良いと考えます。
サブカードを持ってリスク回避に備えることも必要です。

 

ゴールドカードも還元率は1%ですから、ベネフィット特典の違いだけです。
ちなみにベネフィットとか全く使わないですね。

 

アメックスゴールドを進めているブログでは、ベネフィット特典のことを強調しています。
でも、生命保険と同じで、これもあれもと無駄な保障をつけていけばいくほど、価格が高くなって無駄な金を奪われます。

ただし、アメックスプラチナを目指す人は、ゴールドを持たないとインビテーションが来ないという話です。
本当かどうかは分からないですが。

最小限の出費で最大限の恩恵を受け取るってのが、基本なんですよ。

アメックスビジネスグリーンカードがキャッシュフローに良いと考える理由は?

僕がアメックスビジネスグリーンカードをお勧めする最大の理由は、キャッシュフローに良いからなんです。

 

僕は商売においては粗利キャッシュフローを重視しています。

 

アメックスビジネスグリーンカードは、先払いができます。
先払いをすることで、限度額を突破できます。
例えば、1000万円を先に振り込んでおけば、限度額1000万円になるのです。

これが、アメリカンエクスプレスさんの「デポジット制度」なんですが、僕はキャッシュフローを安定させるために、仕入代金を口座引落しを待つことなく、さっさと振り込んでいます。

アメックスビジネスカードのデポジット制度で、
口座引落しの前にさっさと入金できちゃうのですよ。

例えば、仕入代金が「30万円」でクレジット決済を切ったとします。
そしたらすぐに、アメックスに30万円入金するんです。

仕入先に振り込みしたのと同じ感覚ですよね。
でもクレジット決済を切っていることに変わりはないので、ちゃんとポイントが1%付きます。

なんだ、それってデビットカードじゃん。

と思ったあなたは大正解です。
デビットカードのように使えるクレカがこのカードの特徴なのです。

じゃ、デビットカードでいいんじゃないの。

と思ったあなたは、若干読みが浅いかも。
デビットカードでは、クレヒスが育たないんですよね。

クレヒスをどんどん育てて限度額を高くする。
クレジットカード会社からの信用を高めれば高めるほど、リスクヘッジになるのです。

他のカードでも途中入金の制度があります。
でも、途中入金をすると明細が見れなくなるなどのデメリットがあったりします。
僕が使った中で一番スムーズに途中入金ができ、デメリットも全く感じなかったのが、アメックスビジネスグリーンカードでした。